ありのままの私、大切な私

プロフィール

ケチ美

Author:ケチ美
【おけち家メンバー】
ケチ美   43歳
パパ    43歳
ちゃげ   14歳の女の子
へいさん   7歳の男の子

【よく登場するメンバー】
母     飲み屋さんをやってます
たらさん 1歳年下のいとこ
きん太  1歳年下のいとこ

リンクフリーです(*^^*)
リンクしていただけたらとてもうれしいです♪
ご連絡はいりませんv( ̄ー ̄)v

 

参加しています♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

最近のコメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 03. 06

間違えていました(><)

おはようございます。

あまりに汚かったMおばさんの部屋。。
(記事はコチラ→片付けてきました。。

昨日は、あまりの衝撃と怒りで、記事を書きました。

でも私、間違えていたことがあります(><)

私は、記事の中で

『私は、同居していたK男おじさんに怒りが。。』
『でも、同居をしていて、この惨状。。。ひどい。。。』

と書きました。これは間違いです。

実は、鍵コメさんからこういうコメントをいただきました。

鍵コメさん、鍵コメなのにすみませんm(_ _)m

少しだけ抜粋させてくださいm(_ _)m

『同居してたって本人が触るなって怒ったら触れないんですよ…たとえ孫でも…
年を取って頑固になった老人と一緒に暮らさないと分からないかもしれないですが…(>_<) 』

私、その言葉を聞いて、なんてことを書いてしまったんだろうって思いました。

そしてK男おじさんについて考えました。

まず、ちょっと説明を。

3階建ての家には

3階にK男おじさん(もしかしたら、夜はお嫁さんのマンションに戻っているかも)

2階に85歳のばぁちゃん(K男おじさんの母、私の母の母)

1階に80歳のMおばさん(ばぁちゃんの亡くなった弟のお嫁さん、K男おじさんは戸籍上養子となっている)

が住んでいます。

K男おじさんは分譲マンションを7年前に買い

お嫁さんはそのマンションに住んでいます。(同居から別居へ)

そして、K男おじさんのお嫁さんは、親の介護の為に

2年間アメリカに行っており、今月帰ってきました。

で、K男おじさん、最近人相が変わったんです。。

目がつり上がって、いつもイライラしている感じ。

昔はキレてもあんな大声は出さなかった。。

私たちがばぁちゃんちに行っても、今は3階から降りてこない。。

昔は降りてきて気さくに話したのに・・・・。。

足が悪く耳が遠くなったばぁちゃん、最近入退院を繰り返した

Mおばさんを面倒を仕事をしながらみて

疲れてたんだって・・・・・。。

だからあんなになってしまったって。。。

K男おじさんも初めはMおばさんに『部屋を片付けよう』って言ったかもしれない。

手を差し伸べたかもしれない。

私だって『片づけを手伝うよ』ってMおばさんに言ったら

キッパリ断られた。。それで手を出せなかった。。

そして、K男おじさん夫婦とMおばさんとの間に

長い間でできた心の亀裂、そして戸籍上養子になっているけど

2人とも遠慮があったりと、そういうことがあって

手を差し伸べたくてもできない状況があったのではないかって思いました。

そして相手が片付けたい、この部屋じゃ暮らせないって思わなきゃ

勝手には手を出せないんだって・・・・。

Mおばさんの掃除の当日のK男おじさんの言動、行動への怒り

そして、ばぁちゃんの部屋を汚くするK男おじさんへの怒り
(その記事はコチラ→賞味期限がきれた缶詰。。

を感じていた私は

全てをK男おじさんのせいだって思ってしまいました。

Mおばさんの部屋が汚いのは、K男おじさんのせいではない。

やはり元気なうちに物を捨てられなかった、物を買い込んだMおばさんのせいなのです。

捨てられない方と同居をしていて

片付けたくても手を差し伸べたくてもできない方もいて

それだけでも心を痛めているのに

今回私が言った『同居しているのに・・・・』と言う言葉で

また傷つけてしまいました。

本当に申し訳ありませんでした。

同居していても手を出せない・踏み入ることができない

ことがあるのだと思い反省しました。

今回、Mおばさんも入院を機にやっと気持ちを変えてくれ

片付けることができました。本当に良かったです。

あと、いつも遊びに来てくれるマキマキさんがこういうことを言っていました。

マキマキさん、勝手にコメントをコピペしてすみません。

Mおばさん、気持ちの変化があってよかったです。
年をとると、「汚い」「だらしない」「ちらかっている」ことに鈍感になります。
そのうえ、誰かに助けてもらうって、「申し訳ない」という気持ちで、
素直に頼めないんです。


私も部屋を片付けらないけど、だけどまだ若いからこうやって

汚部屋から抜け出そうとしている・・・なかなか抜け出せないですが(;^_^A)

体力もある。汚いという感覚も出てきた(;^_^A

だけど、お年寄りはそうはいかないんだって。。

あそこまで汚くしたのは、Mおばさんのせいだけど

年をとっていくことで、できなくなること、見えなくなることが

たくさんあるんだと、うまく言えないけどそういうことも改めて思いました。

私もこれからは口だけじゃなく

Mおばさんのおうちを掃除に行ったり、ばぁちゃんちも掃除に行ったりしたいと思います。

それでは、またMおばさんのことは報告しますね。

鍵コメさん、申し訳ありませんでした。読んでいただけることを祈って。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


応援していただけたら、嬉しいです♪
どちらか1つクリックすると、見たいランキングに飛びます☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マキマキ

ケチミちゃん
おはよー!!
あなたに、本当にいい経験と、気づきがありましたね。
そう。心。心を整理整頓するんです。
おじさん、一人で大変だったね。
「おじさん、今までありがとう。これからは、みんなで一緒にやって行こううよ。」
感謝の気持ちでこえをかければ、きっとこわばった心もほぐれるよ。
大丈夫。
だって、みんな
「おばさんのために」
そう思っているんだから。

太陽と北風だよ。
おじさんにも、おばさんにも。
親戚のおばさんたちにも。
あったかい感謝の気持ちで接したら、
必ず汚部屋克服できる!
ケチミ!
ガンバ( ̄^ ̄)ゞ

No title

昨日の鍵コメです
まず謝らせてください、私こそきついコメントしてしまいすみませんでした…
私は現在は実家を出ている26歳の専業主婦です…
なので元同居家族でケチ美さんほど人生経験もなく、まだ子育てもしてなく、偉そうなことを言える立場ではないのに勢いで書いてしまいました(>_<)
ごめんなさい
今苦しんでいるのは私よりも捨てられない姑と一緒に暮らしている母です…手伝いたいのだけれどそうもいかず…
勝手に捨てたら泥棒と一緒な気がするし悩みますね…(>_<)

それとこれは本当に大きなお世話ですがもう少しだけおじさんをいたわってあげてください
私の父は現在がん治療をしていて入退院を繰り返しています
母は仕事がありますので私が付添いをすることが多いです
お医者さんもさまざまで平気で傷つくことや不安をあおることを言ってくるお医者さんもいます
体力的な面だけでなく、付添いの家族も疲れるのです(泣)
いたわりの一言で心が楽になることもあるのです(*^_^*)

こんな風にちゃんとお返事を下さりありがとうございました
私ケチ美さんのブログが好きでずっと読んでいました
ケチ美さん素敵な方なんだろうなと思いました
おばさんの家がよくなりますように(*^^)v

マキマキさんへ

マキマキさん、返信が遅くなってすみませんm(_ _)m

> あなたに、本当にいい経験と、気づきがありましたね。

今回はいい経験になりました。
初めはMおばさんの為に行った掃除が
K男おじさんへの怒りが増して行き
掃除の意味が違ってしまい。。

> そう。心。心を整理整頓するんです。
> おじさん、一人で大変だったね。
> 「おじさん、今までありがとう。これからは、みんなで一緒にやって行こううよ。」
> 感謝の気持ちでこえをかければ、きっとこわばった心もほぐれるよ。

私親戚とおじさん夫婦の間にも亀裂があって
お金の問題や常識?それはおかしいんじゃないっていうような問題など。。
でも、それはばあちゃんやMおばさんの面倒を見ている
こととは別なんだって。。
感謝するところは感謝しなくてはいけないって思いました。

> だって、みんな
> 「おばさんのために」
> そう思っているんだから。

そうなんです。
私やおばたち、退院してくるMおばさんの為に掃除したんだった。。。
おじさんもこわばった心がほぐれ
これからはあの状態にならないように
見守ってくれたらなって思います。
私たちも協力するから・・・・。。

> あったかい感謝の気持ちで接したら、
> 必ず汚部屋克服できる!

今回はMおばさんが退院してくるまでにキレイにしなくちゃって思って
K男おじさんへの配慮も欠けたと思うけど
これからはMおばさんやK男おじさんへも
ゆっくりあせらず温かい気持ちで接していきたいと思います。
と思う反面・・・・
K男おじさん、その後も掃除に対して文句ばかり言ってくるんです(涙)
私も言われちゃって。。それに対して、ムムムって。。
だけど、ぐっと抑えて。。私もまだまだですね。。

同居のまごさんへ

同居のまごさん、返信が遅くなってすみませんm(_ _)m

同居のまごさん、記事を読んでいただき
そして、こうやって丁寧にコメントをいただき
ありがとうございました。

> 昨日の鍵コメです
> まず謝らせてください、私こそきついコメントしてしまいすみませんでした…

いや、とんでもない。
それに、全然きついコメントじゃなかったですよ(*^^*)
だって、そこにはまったく悪意が感じられず
同居のまごさんも片付けたくても片付けてあげられないという気持ちが
伝わってきましたから。
なので、自分が一方的な見方しかできなかったことに
気づくことができました。
逆に、私は感謝しています(*^-^*)

> 今苦しんでいるのは私よりも捨てられない姑と一緒に暮らしている母です…
> 手伝いたいのだけれどそうもいかず…
> 勝手に捨てたら泥棒と一緒な気がするし悩みますね…(>_<)

お母さま、とても大変ですね。。
手伝いたくても手伝えない。。
だけど同居していて、その状況を見たくなくても見なくてはいけない。。
私たちも今回はMおばさんから『全部捨てていい』って了承をえたから
片付けることができました。
Mおばさんが入院を機に気持ちを変えてくれたんだって思っています。

> それとこれは本当に大きなお世話ですがもう少しだけおじさんをいたわってあげてください
> 体力的な面だけでなく、付添いの家族も疲れるのです(泣)
> いたわりの一言で心が楽になることもあるのです(*^_^*)

同居のまごさん、まだお若いのにお父さまの付き添いもされていて
偉いし(←すみません、ボキャブラリーがないのでどうやって書いていいか。。)
私より人生経験あるじゃないですか!!!!!
いたわりの一言、いままでK男おじさんにかけたことなかったな。。
同居のまごさん、ありがとうございます。

> こんな風にちゃんとお返事を下さりありがとうございました

いや、私のブログで傷つけてしまい申し訳ありませんでした。
そして、こうやってコメントを下さり、ありがとうございました。

> 私ケチ美さんのブログが好きでずっと読んでいました

そうなのですか!
ありがとうございます(*^^*)
あ~でもない、こ~でもないって言いながら
汚部屋から抜け出そうとして、抜け出せなくて(;^_^A

> ケチ美さん素敵な方なんだろうなと思いました

きゃ~~~やだ!(←その気になってる)
いやですね、また昨日K男おじさんに文句を言われ
またムムムってきてしまい、だけど抑えろ抑えろwwwって思ったり
感情とまだまだ格闘しております。
なので、まったく素敵でもないんです。
おまけに旦那には『お前は素敵じゃない、汚いだけだ』と言われました(笑)

> おばさんの家がよくなりますように(*^^)v

ありがとうございます♪
同居のまごさんのおばあさまが少しでも捨ててくれて
お母さまが楽になりますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

鍵コメさん、はじまして。ケチ美です!
コメントありがとうございます!!!

昨日読んで、昨日から色々考えています。まったく不快だと思っていません(*^^*)
そして、お返事をしたいと思っています。
もうちょっとお時間をください<(__)>


鍵コメさんへ

鍵コメさんへ

おはようございます。お返事が遅くなって申し訳ありません<(__)>
Mおばさんの片付けをしたのが半年前。
あの時は、自分自身、断捨離をがんばっていて、整理収納アドバイザーの2級の講座も受けるまで
気持ちがのっていた時だと思います。
『このままではいけない』と思って私も物が捨てられるようになったんだから
Kおじさん・ばぁちゃん・Mおばさんだって気づけるはず。気づいたらきっと、過ごしやすくなるはず
という気持ちで片付けに行ったと思います。
Mおばさんの入院を機に、こたつで寝ている状態だともっと体が悪くなると思い
Mおばさんに了承をもらって、片付けに行ってきました。
でも、片付けた後、Mおばさんが言った言葉。それは『全部捨てられた』だったんです。
でも『全部捨てていいよ』って言ってたんです。
その時思いました。Mおばさんは心の底から『全部捨てていいよ』って思っていなかったと。
退院して何度か行きましたが、やっぱり雨戸を開けず、部屋は少しずつ汚くなっているようです。
でも、私も母も『片付けようか、手伝うよ』とは言わなくなりました。
だって、会うたびに言ったらMおばさんのストレスになってしまうと気づいたんです。
今の状態は衛生的に良くないと思うのですが、精神的なことを考えると言えません。
私が片付けようとしたら、それは私の自己満足になってしまうと今は思っています。

鍵コメさんもお母さまから色々言われ、精神的に苦痛だったんですね。
私の話をすると、私の場合、『ケチ・面倒くさがり・後回し』で片付けられないタイプだと自分で分析しました(笑)
主人に『片付けろよ』と言われても、『わかってる!!!』と言って、結局捨てられないし、ほかの事をやるし。
で、片付けたはいいけれど、それに捨てるという行為が入っていないので、まったく片付かない。
主人が勝手に捨てた時は怒りましたよwwwww
あと、私の場合、精神的に落ち込む(自分が嫌になる)と、部屋が荒れてきます。
あと、せっかく片付けたのに、ひとつ崩れると、『あ~ダメだ、もういいや』って思って荒れてました。
鍵コメさんの『完璧にやらなくてはならないと気がすまない』気持ち、とっても分かります!!!!
でも、今は、自分をなるべく責めないようにしています。
今もたんすの上に物があり、主人にも言われますが
『私のやりたいようにやらせて』と言ってます。
鍵コメさん、少しずつ捨てられてる。自分に気づいている。それって、とてもスゴイと思います。
私が片付けても片付かなかった時って、捨てられもせず、自分にも気づいていなかったんだもの。
私はやましたひでこさんの言葉で救われました。

『「片付けられなくてあたりまえ」「どれを捨てたらいいかわからなくて当然」など、自分を免罪することから始めます』
『これから自分を知るトレーニングをするのですから、最初はできなくてあたりまえ』

この言葉を知ってからは、自分をそんなに責めなくなりました。
他の人は、『甘い!すぐに片付けられないなんておかしい!!』って思うかもしれませんが
『私は私。他人(他人が言った言葉)が、私の人生の責任をとってくれるわけではない。責任をとるのは私だ。』
と思うようになりました。
今はこつこつ、そしてゆるくお片づけをしています。

ちなみに、Kおじさんは私と同じタイプの片付けられない人。だから余計Kおじさんの気持ちはわかります(笑)
Mおばさんは、退院してだいぶ体調もよくなりました。
MおばさんはKおじさんをとても慕っているので、私が入る余地はなさそう。。
最近、私もまたMおばさんのところへ行けていないので、また顔を見に行ってこようと思います。

鍵コメさん、あの記事で鍵コメさんにつらい思いをさせて申し訳ありませんでした。
こうやってコメントをいただけて、私自身、振り返ることができました。
もしよかったら、また遊びに来ていただけたらうれしいです(*^^*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mayuppe.blog40.fc2.com/tb.php/685-2a8ba074

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

アンケート♪

 

楽天

 

オススメの商品です☆

 

カウンター

 

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
 

夢を叶えるための名言集

presented by 地球の名言

 

リンク

 

おススメの本

 

ブログ内検索

 

フリーエリア

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。