ありのままの私、大切な私

プロフィール

ケチ美

Author:ケチ美
【おけち家メンバー】
ケチ美   43歳
パパ    43歳
ちゃげ   14歳の女の子
へいさん   7歳の男の子

【よく登場するメンバー】
母     飲み屋さんをやってます
たらさん 1歳年下のいとこ
きん太  1歳年下のいとこ

リンクフリーです(*^^*)
リンクしていただけたらとてもうれしいです♪
ご連絡はいりませんv( ̄ー ̄)v

 

参加しています♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

最近のコメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 10. 11

母が私に持たせたもの

本日2度目の更新です♪

私の母は、私の母だけあって捨てられない人です。

だけど、私ほど部屋をグジャグジャにするわけでもなく

私ほどだらしがないわけでもなく。

まぁ、使わないもの、要らないものを捨てられず

それが目の前にあっても気にならない人です。

うふふ、完全にその遺伝子を引き継いでます(・・。)ゞ

で、母が引っ越すときに私へ持たせたものがあります。

母が引っ越したのが4年ぐらい前。

私はもらってからず~~~と中を開けず

ず~~~~~っと放置していました。

ってことで、ずっとその存在は忘れていて

部屋の模様替えで気づき、やっと中を開けてみました。

私に持たせた箱がコチラ↓

P1000575_20121011044502.jpg

う~~~ん、ホコリだらけですねwwwww

中を開けた時の画像を取り忘れてしまいましたが

開けてみて『ん?なんで?』って思ったことは覚えています。

中には色々入ってましたよ~~~~。

今から15年ぐらい前のケチ美。

P1000579.jpg

15年ぐらい前だから、平成ですよ!平成!!!

何だか昭和な香りが漂いませんか?

昔は、こういう服をよく着ていました♪

これが中学・高校、あとそろばんの賞状かな。

P1000583_20121011045520.jpg

さて、次がこれ。

P1000586.jpg

中学1年生の時(17年ぐらい前)に作った怪獣。

角もとれ、左手もとれ・・・・・。。

だけど、私が作ったから、母は捨てられなかったんでしょう。。

そうそう、この箱の他に

私の小学校時代の教科書とかが入った箱も

母が引越しする際に我が家に持ってきたんですが

それはだいぶ前に断捨離しました。

で、思ったこと。

私が結婚した時に

自分のものは全て処分するなり・持っていくなりすればよかった・・・。

だって、私のものなんだもの。

でも、あの頃の私はそういうことができませんでした(><)

ごめんよ、お母さん。

さて、そこは反省するとして

この箱には『ん?なんで?』ってものが入っていました。

まず習字セット。

P1000581.jpg

これは私のものではありません。母のものです。

そして、バインダー。

P1000584.jpg

あたしのものではない。

そして、風鈴。

P1000587.jpg

私は買ってない。

そして、南部鉄の急須。

P1000577.jpg

私は買ってない。

そして、画像はありませんが

削りカス入りの鉛筆削り。

そうなんです。母は、母が捨てられないものを私に持たせたんです。。

だって、鉛筆削りは私というよりは、母が使ってたんじゃないかな。

まして、削りカスぐらい捨ててよって思う。

まぁ、削りカスは捨てられないんじゃなく、ズボラで捨てなかっただけだと思うけど(笑)

バインダーだって、母は『使わない』けど、『使える』ものだから捨てられず

我が家にやってくる。

ちなみに、バインダーを見つけたへいさんが幼稚園のお当番ごっこで今は使っているけど。。

色んなものを『私は使わないから使って、使わなかったら処分していいから』

って母は私にくれます。

それもお店(母は飲み屋をやっています)のお客さんが母にあげたものを

母は捨てられず私にくれるんです。

そうやって我が家に入ってきたものの積み重ねが私を苦しめるんです。

でね、この前母が来たので、『この急須と風鈴、私のじゃないんよ』って言ったら

『あ~、それはじぃちゃん(天国にいった父)と一緒に買ったものだよ』って言いました。

で、母が『風鈴使う?うちは近所迷惑になるから使わない』って言うので

『いや、私も風鈴を使いたいって思わないし要らないかな』って答えました。

私が急須も風鈴も要らないことを言うと、ちょっと不機嫌になったんです。

で、『なんで私にもたせたのよ~』って言うと

『引越しで慌ててたから入れちゃったのよ!』って答えました。

『じぃちゃんと買った思い出があるから、持って帰る!!!』って言ったんです。

でもね、急須や風鈴を見るまで、この存在に気づかなかったんだよね。。

あと思ったのが、この急須や風鈴を買ったままにしないで使っていれば

もっと愛着がわいて、思い出も深くなったんじゃないかって。

私もそういう人間じゃないので、母のことは言えないのだけれど

母を客観的に見て思いました。

あと習字セット。会話形式でお読みください。

母 『ちゃげが使うんじゃない?』

ケチ美 『ちゃげは持ってるよ。使わないんなら、捨てたら?』

母 『いいものだから、捨てたらもったいない。持って帰る』

ケチ美 『持って帰って使うの?』

母 『・・・・・』

ケチ美 『要らないものは処分したほうがいいよ』

母 『捨てることを強制しちゃいけないんだよ!!!

私が死んだら全て捨ててかまわない!!!クロコダイルだって捨ててくれ!!!』

ケチ美 『何?クロコダイルって(笑)』

母 『ネックレスだよ!全部捨ててかまわないから!!!もうちょっとしたら死に支度するから!!!』

ケチ美 『いやそういうことじゃなくて。全部捨てていいって言われても、捨てるほうはつらいんだよ』

母 『だから強制しないで、お前は(断捨離を)やりすぎなんだよ!』

と言って、帰って行きました。

いやね、私も、言い方が悪かったけど

お母さんが捨てられないことで、私だって苦しんでいることをわかってほしかったなって。

あと、使わない・要らないものがあると生活しにくいよってことも

言いたかったんです。

でも、いくら母であっても、母の生活に口を出すことはできないし

母も口を出してほしくないと思ってると思うので言いません。

ただ思うことは、ちゃげには私と同じ思いはしてほしくないので

これからも自分なりにものと向き合い

処分するものは処分し、残すものは残していこうと思います。

さて、運動会の係りの仕事も

昨日の片づけでやっと終わりました。

今日から思う存分、片づけをがんばりたいと思いますヘ(*゚∇゚)ノ

今回はちょっと長く書きすぎました。すみません(・・。)ゞ


応援していただけたら、嬉しいです♪
1つクリックすると、見たいランキングに飛びます☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

COMMENT▼

おはようございます~

あら・・・若かりし頃のケチ美さん♪
もっとアップで見たかったわ~

うちの実家の母はケチ美さんとことは正反対・・・
めちゃ物を捨てる人でした~
幼い頃にままごとで遊んでて・・・それを片付けなかったからって全部捨てられた思い出があります~
(おそろしかった・・・)

なので、うちの場合は・・・
私が処分できないものを実家に持っていって
いらなかったら捨てて!!!って感じなんです。
そして母は潔く捨てます(笑)

どこかのブログで
『残った人に迷惑をかけないように自分のものは整理しておく』ってのを見ました
まだまだ人生長いとは思ってますが・・・
ちゃんと整理しておいたら子ども達にも迷惑かからないですよね~
10年間ほったらかしにしてた荷物たち
10年かけて片付ける気持ちでがんばります~
はぁ~長いな・・・

No Subject

母親の影響力って思っている以上に大きいし、身体的な遺伝と、精神的な遺伝(洗脳のようなもの)は逃れることができません
でもでもでもでも・・・
結婚して他の家庭での常識を知ったり、新しい家族が増えて自分が切り開いていく部分が増えて、母親の間違いに気づいて、私はそうなりたくない、と修正をすることもできるんですよね!

それにしても、風鈴やちょうちん、民芸品、置物、これがないと困るなというモノ以外のモノ、これらはよほど趣味や好みを知った上での贈り物ですが、あげるほうはあまり考えないものですね

おいしいくだものや商品券や図書券、お花などはいつでもウェルカムだけど♪
チラシで作った工作、フェルトで作ったタペストリー、趣味の色紙、なんだかいろいろくださる方がいて・・・

さあて、これからだ!

 こんにちは!

ケチ美さん、初めまして!関西出身&在住の40代主婦です。
いつも(かれこれ約1年位前から)楽しく拝見させていただいています♪今までポチッとさせていただくだけでコメントは心の中でだけでした・・・

最近、ケチ美さんのブログを読みながら以前に増して「あ!私と似てる~♪一緒~♪」と思うことがちょくちょくあったのですが、今日の記事はドンピシャで思わずコメントさせていただきました~

私の母もケチ美さんのお母様と似ているところがあって、まさしく昨日久しぶりに「私には私のやり方があるから(黙ってて←心の声)!!」って言ってしまい、機嫌を損ねてしまいました...
それはモノではなく家のことで「リビングの出窓をカーテンを外してすりガラスにすれば明るくなってスッキリするから、そうしたら?こうやって、ああやって、ナンタラカンタラ・・・」と。
いずれは変えようと自分でも思っていた場所。すでにプランもあり、その前にダンナを説得したり、着手する前に片付けないといけない場所もあり、私が計画していることに対していつも口出しては気持ちをかき回していきます。
最近はかなり遠慮してくれてたと思うのですが、子供のころから何かにつけ手出し・口出し...「自分で好きなようにしたらイイ」とか言っておきながら自分がイイと思ったことは押しつけていないという言い訳をしながら押しつけてきます。で、断ると不機嫌になりスネる...
いまだに婚礼ダンスの中には14年前の嫁入りに持たせてくれた一度も着ていない洋服、冷蔵庫の中に母の判断で買ってきてくれた食材... ← 断捨離します!

幸いにも!?まだ父が健在で考え方が私と似ているし、妹も同じ思いをしているので私の思いに共感してくれ愚痴を聞いてもらえるのが救いです。

私も断捨離に出会ってから少しずつ気持ちが楽になりましたが、最大の断捨離は「母親」だと気付きました。それは関係を断つのではなく「親離れする」と言うこと。きっと上手に親離れが出来てなかったのだと思います。

初めてのコメントにも関わらず、自分の思いをブワァーっと書き連ねてしまい失礼しました。

相手は変えられないけれど、自分は変えられますもんね!
お互いに親の気持ちを上手に受け止めて手放せるようになりたいですね!!

これからも、ブログ楽しみに応援しています♪
ケチ美さんらしく頑張って下さーい(*^^*)

初めまして、ついコメントしたくなりました。
うちも祖母が同じ事を言います。私が子供のころにあげたハンカチを箱に入れたまま時々眺め、黄ばんでも使ってくれず…(笑)。

私が死んだら全部捨てればいいじゃない!って言いますね~。その苦労は私と母がするのかい?って(笑)。
母は素直で「私は子供の言うこと聞くから!」と言ってくれますが…w

実家を出てしまったので、まずは自分の持ち物を!と今頑張って減らしています。
ささやかながら応援してます♪

あっ、今は平成24年です、15年前も平成ですよ~時の流れは恐ろしいですね~w

No Subject

初めまして、いつも楽しく読ませていただいています。
ウチの母もまったく同じタイプです(^_^;)

私もコツコツ断捨離を始め、母が良かれと送ってくれたけど手つかずのものをやっと最近、捨てられるようになりました。

母が、送ってくれるものは、自分の家で使わなくなったけど使えそうなもの、もしくは、母がリメイク?した作品ばかり。
正直、リサイクルショップでも受け取ってもらえないし、かといって捨てるのは気が引けて・・・。
気持ちだけ受け取って捨てた時は、何だかスッキリ!しました。

でも先日、また、「買ったけど着ない服を送る」と言うので、つい「もし私が着れなかったら他にゆずるよ」と言うと「じゃあ送らない!」と。
「でも、家に置いておくだけだと、逆にもったいないと思わない?」と言っても、機嫌が悪くなるだけでした。

母たち世代の特徴なのでしょうか?
(私もケチ美さんと同世代です)
物と愛情を一緒にしていますよね-。

かと言って、本当に欲しいものとか、必要なものをちゃんと聞かれたことってなくないですか?

長くなってごめんなさい。
ケチ美さんのお部屋がきれいになっていくのを見ると私まで元気がでます。そして、私の片づけスイッチも入ります。

これからも頑張ってくださいね(^_-)-☆

No Subject

親子の会話、第三者だから楽しいですねぇ。
それにしても、あの急須めちゃくちゃ良いねぇ。ほしいよ。
けち美サンのお母さん、お宝たくさんありそうだから、いつでも譲ってねぇ~、けち美さんが要らなければ。。。な~んてね

頑張ったね!

ケチ美さん、こんにちは。

開けたことのないダンボールの
中から、お宝が沢山でてきましたね。

お母さんが理解してくれるまで、もう少し時間がかかりそうだけど、ケチ美さんが『不要な物を受け取らない』という意志は、しっかり伝えることができたんじゃないかしら(#^.^#)

これからは、お母さんもきっと自分の不要なモノをケチ美さんに押し付けにくくなるんじゃないかな~。

私の母も、同じようなところがあるから、徐々にシンプルな生活の心地よさを体験してもらいたいと、願っているのです(#^.^#)

お互いに、励ましあいながら頑張ろうね♪

No Subject

ウチも一緒!
勿体無い勿体無いってあれこれあれこれ・・・捨てられない人間です。
そしてタダのものはジャンジャン貰ってくる・・・
父なんてガラクタ拾ってくる人・・・もうゴミ屋敷みたい(T、T)
カナシイカナ私も少なからず遺伝子引き継いじゃってますwww

『歳いってきたら、だんだんと捨てられなくなるんや』
な~んて言い訳しちゃってネ・・・

そして買いだめもするんだよ、ウチの母。
ダメダメだよ><
言ってもね止めないの。
洗剤にティッシュに水に・・・・・・・
『ティッシュはさぁ~、虫がわくし埃っぽくて臭くなるから買いだめ止めた方がいいよ』
とか言ってみたけど効果は出てるのかな・・;
買い物に出掛けられなくなったら私が行くよ!って言ってるのに、限られた年金生活にも不安があるからなのも否めないからね~(T、T)

長いこと断捨離しに行ってないけど実家はどうなってるんだか^^;
人の物はポイポイできるんだけど、本人の了解を得られないのが難関><
ちょっと実家に行きたくなってきたけど自分の事を優先しなきゃね^^;

ふぉっ!芸術作品がっ!!

母という存在はどこも同じ感じかも。私の母は、サックリ捨てるタイプなのですが、義母は・・・ものすごくしっかりした人なのですけれど・・・。
夫が法事で実家に帰ったときのことを話してくれました。
へその緒を出してきて(夫、52歳ですよw)
義母「あんた、これ持ってくか?」
夫「え?だれの?」
義母「多分、おねえちゃんの。(夫のお姉さんのこと)」
夫「いらんわっ!!意味わからん・・・」
持たせようと、あれもこれもといろいろ準備していたのだと思います。夫の幼稚園時代の連絡帳とか送られてきたこともあったかな。
私の母はたぶん何もとっておいてないと思います。私の高校の卒業記念のマリア様の像もさっくり捨てた人ですw
ひとことぐらい「実家に置いたままだけど、どうする?」とか聞いてくれてもよかったんじゃ・・・。

usarinさんへ

usarinちゃん、おはよう♪

> あら・・・若かりし頃のケチ美さん♪
> もっとアップで見たかったわ~

あの頃は、こんなことになるとは気づかず
能天気に生きてたわ(笑)

> 幼い頃にままごとで遊んでて・・・それを片付けなかったからって全部捨てられた思い出があります~
> (おそろしかった・・・)

おほほほほ。
お母さま、キビシイわ!!!
私なんか、ちゃげに『捨てるからね!』って言うけど、ただの脅かし。
だって、捨てたらもったいないじゃない(笑)

> なので、うちの場合は・・・
> 私が処分できないものを実家に持っていって
> いらなかったら捨てて!!!って感じなんです。
> そして母は潔く捨てます(笑)

あら!usarinちゃん、持って行ってるのね!!
お母さまには長生きしてもらわないとwwwww

> どこかのブログで
> 『残った人に迷惑をかけないように自分のものは整理しておく』ってのを見ました
> まだまだ人生長いとは思ってますが・・・
> ちゃんと整理しておいたら子ども達にも迷惑かからないですよね~

おっ、usarinちゃんはポジティブ人間だったね(笑)
私なんて超ネガティブ人間だから、『人生もうこんなところまで来ちゃった!』って思ってるのよ。
だから、残りの人生、楽しく暮らしたいwwwww
例え母が使っていなかったものでも
やっぱり母がいなくなったら捨てるのは悲しくなると思うのよ。
あっ、今の私だったらバシバシ捨ててたりして(笑)
だから、私の為にも、そして今の生活の為にも
使わないものは、処分してほしいなって。
でも、これは強制はできないからね。

> 10年間ほったらかしにしてた荷物たち
> 10年かけて片付ける気持ちでがんばります~
> はぁ~長いな・・・

うふふ、大丈夫よ~。
usarinちゃんは、早いわよ。私にはわかるわ(*^^*)

あおさんへ

あおさん、おはよう♪

> 母親の影響力って思っている以上に大きいし、身体的な遺伝と、精神的な遺伝(洗脳のようなもの)は逃れることができません
> でもでもでもでも・・・
> 結婚して他の家庭での常識を知ったり、新しい家族が増えて自分が切り開いていく部分が増えて、
> 母親の間違いに気づいて、私はそうなりたくない、と修正をすることもできるんですよね!

使わないものが目の前にあっても、ま~~ったく気にならなかったの。
だって、実家にいたころは、普通だったもの。
それに、テーブルの上も結構グジャグジャで
右側には常に辞書や鉛筆立てが置いてあったの。
今考えると
何にもないほうがスッキリしてたんだじゃないかって思う。
そして、義母がとってもキレイ好きでさ~。
1年ぐらい同居してたんだけど、テーブルはいつもキレイだったよ。
私の母は、シングルで私を一生懸命育ててくれたから、それは感謝しているし
尊敬しているのね。
ただ、今、断捨離というか片付けに目覚めて自分の人生を改めて考えた時に
このままではいけないって思ったの。
そして、私の人生だけでなく、子供の人生のことも考えて
母には薄情だと思われるかもしれないけど
今はとにかく要らないと判断したものを処分している。

> それにしても、風鈴やちょうちん、民芸品、置物、これがないと困るなというモノ以外のモノ、
>これらはよほど趣味や好みを知った上での贈り物ですが、あげるほうはあまり考えないものですね

そうなのよ。
風鈴だって、南部鉄なのかな?音はいいけど、見た目がね。。
思い出があるならアレだけど、私はあれに思い出がないのよ。
やっぱり買った人の趣味が入るのかな。。
そうそう、シアトルに住んでるいとこは、『あれいいね!!!もらいたい!!』
って言ってたの。
だから、好きな人が持っているのが一番よね。


> おいしいくだものや商品券や図書券、お花などはいつでもウェルカムだけど♪
> チラシで作った工作、フェルトで作ったタペストリー、趣味の色紙、なんだかいろいろくださる方がいて・・・

あ~、それはねwwwww、つらいねwwwww
マキマキさんがもらい物に困っている私に、こんなコメントをくれました。

そうねぇ、私なら気持ちよくいただいて、
二~三日したらわからないように処分するかなー。
要は「気持ちをいただく」
あげたい気持ちをいただいた。

気持ちをいただくって思ったら、楽になるよね。
だって、気持ちはうれしいものね。
よし、これからよ!

kurumi☆さんへ

kurumi☆ さん、はじめまして!!!
コメントありがとうございます(*^^*)

> 関西出身&在住の40代主婦です。

関西出身なんですね!!!!
テレビ東京の番組をお知らせしたら、usarinさんが『やってないwwww』って言ってました(><)
いつもすみません(・・。)ゞ

> いつも(かれこれ約1年位前から)楽しく拝見させていただいています♪
> 今までポチッとさせていただくだけでコメントは心の中でだけでした・・・

そんなに長く読んでいただけてるんですか!!!!!
そして、ポチまでwwwww
ありがとうございます(TmT)
えへへ、『あ~でもない、こ~でもない』言っているブログなので
お恥ずかしいです(・・。)ゞ

> 最近、ケチ美さんのブログを読みながら以前に増して「あ!私と似てる~♪一緒~♪」と思うことが
> ちょくちょくあったのですが、今日の記事はドンピシャで思わずコメントさせていただきました~

いやん!似ちゃいけないところだけど
似てるって聞くと私の方がうれしくなっちゃいますwwwww

> 私の母もケチ美さんのお母様と似ているところがあって、まさしく昨日久しぶりに
> 「私には私のやり方があるから(黙ってて←心の声)!!」って言ってしまい、機嫌を損ねてしまいました..

黙っててをグッとこらえたんですね(笑)
エライ!!!

> 私が計画していることに対していつも口出しては気持ちをかき回していきます。

自分がやろうと思っていて、ちゃんと段取りもふんでるだけにそう思いますよね。
あと、やっぱりkurumi☆さんのおうちですし、kurumi☆さんの趣味がありますもの。

> 「自分で好きなようにしたらイイ」とか言っておきながら自分がイイと思ったことは
> 押しつけていないという言い訳をしながら押しつけてきます。で、断ると不機嫌になりスネる...

私、断捨離に目覚める前は、娘に対してそうだったかもしれません。
『好きなように』って思ってても、『娘のために』って思って
自分の気持ちを押し通しちゃってたんです。
でも、何故だか、今はそういう気持ちが薄れてきました。
娘には自分で考えられる人になってほしくて
それには小さい頃からの訓練(自分で決める訓練)
だと思うんです。
なので、あまり口を出さないようになった・・・・と思います(;^_^A

> いまだに婚礼ダンスの中には14年前の嫁入りに持たせてくれた一度も着ていない洋服、
> 冷蔵庫の中に母の判断で買ってきてくれた食材... ← 断捨離します!

着ていない洋服。うちにもありました。
いや、まだあそこにある!!!
それは母が着ていた上着?で、私も若い頃着ました。
あれもどうしようかな。。

> 幸いにも!?まだ父が健在で考え方が私と似ているし、
> 妹も同じ思いをしているので私の思いに共感してくれ愚痴を聞いてもらえるのが救いです。

よかったですね♪
共感してくれると、『私は間違っていない』って確認できますよね。
私は、共感してくれる人が私の周りにいないので
『私が薄情なのかな・・・・、私が悪いのかな・・・・』って思うことがしばしばあります(涙)
でも、ブログでみんなから勇気をもらってがんばってます!

> 私も断捨離に出会ってから少しずつ気持ちが楽になりましたが、最大の断捨離は「母親」だと気付きました。
> それは関係を断つのではなく「親離れする」と言うこと。きっと上手に親離れが出来てなかったのだと思います。

なるほど!
そうですよね。関係を断つわけじゃなく、親離れするって考えればいいんですよね!
よし、母は母の人生、私は私の人生を歩かなきゃ。
親離れするぞ~。

> 初めてのコメントにも関わらず、自分の思いをブワァーっと書き連ねてしまい失礼しました。

とんでもない!
とってもとってもうれしいです(*^^*)
そして、こうやってコメントをいただけると
みなさんの考えを聞けて、とても勉強になるんです。
私、本当にブログをやっていて良かったって思うんです。
一人では、ここまでものとは向き合えなかったと思います。

> 相手は変えられないけれど、自分は変えられますもんね!
> お互いに親の気持ちを上手に受け止めて手放せるようになりたいですね!!

きゃwwwww
『上手に受け止め手放せるように』って、心に響きますwwwwww
よし、私もがんばるぞヘ(*゚∇゚)ノ

> これからも、ブログ楽しみに応援しています♪
> ケチ美さんらしく頑張って下さーい(*^^*)

ありがとうございます(*^^*)
私らしく、あ~でもないこ~でもない言いながら
スッキリした生活を目指します( ̄^ ̄)ゞ

なかさんへ

なかさん、はじめまして♪
コメントありがとうございます(*^^*)

> うちも祖母が同じ事を言います。私が子供のころにあげたハンカチを箱に入れたまま時々眺め、
> 黄ばんでも使ってくれず…(笑)。

とってもいいじゃないですかwwwww
どこにあるかわからないのではなく
ちゃんと時々眺めているんですよね。
おばあさま、なかさんからもらったハンカチが
大事で大事で、黄ばんでも使えないんですね。
ものは使ってこそって言いますが
ある意味、ちゃんと手にとって、『うれしいな~』って思っているので
『使っている』って判断していいのはないでしょうか♪

> 私が死んだら全部捨てればいいじゃない!って言いますね~。その苦労は私と母がするのかい?って(笑)。

あははは、私の母と同じだ(笑)
あっ、おばあさまがいなくなった時に
おばあさま眺めていたハンカチを捨てるのは、心が痛みますね。。
私たちにとっては、そんなに大事にしなくても~って思うんですがね。。
でも、おばあさまにとっては大事なんですね(*^^*)

> 母は素直で「私は子供の言うこと聞くから!」と言ってくれますが…w

あ~、うらやましwwww
うちの母は頑固なんで、私の言うことは聞きません(><)
意固地になって、私とは逆のほうに突き進みます!!!

> 実家を出てしまったので、まずは自分の持ち物を!と今頑張って減らしています。
> ささやかながら応援してます♪

応援、ありがとうございます!
なかさん、一緒にがんばりましょうね(*^^*)

> あっ、今は平成24年です、15年前も平成ですよ~時の流れは恐ろしいですね~w

15年前は平成9年。
平成になって9年も経ってるwwwwww
平成生まれのママが幼稚園に入ってくる時代。
恐ろしいです(;^_^A

ギブさんへ

ギブさん、はじめまして♪
コメントありがとうございます(*^^*)

> 初めまして、いつも楽しく読ませていただいています。

えへへ、そういっていただけると
とてもうれしいです\(*^▽^*)/

> 私もコツコツ断捨離を始め、母が良かれと送ってくれたけど
> 手つかずのものをやっと最近、捨てられるようになりました。

母からもらったものを処分するのって、なかなかできませんでした。。
でもやっと最近捨てられるようになりました。
私の母も良かれと思って、くれるんですよねwwwww

> 母が、送ってくれるものは、自分の家で使わなくなったけど使えそうなもの
> もしくは、母がリメイク?した作品ばかり。

この『私(母)は使わない!!だけど使える』って言うのがミソですよね。
母のところで『捨てる』っていう判断をしてくれるといいのだけれど
『送る、あげる』を選んでしまうんですよね。。

> 正直、リサイクルショップでも受け取ってもらえないし、かといって捨てるのは気が引けて・・・。
> 気持ちだけ受け取って捨てた時は、何だかスッキリ!しました。

お母さまが作ったリメイク品。気が引ける気持ち、わかります。
でも、きりがないですし
いつも遊びに来てくれるマキマキさんも
ギブさんと同じで『気持ちをいただく』と思えば
いいって言ってました(*^^*)

> でも先日、また、「買ったけど着ない服を送る」と言うので
> つい「もし私が着れなかったら他にゆずるよ」と言うと「じゃあ送らない!」と。
> 「でも、家に置いておくだけだと、逆にもったいないと思わない?」と言っても
> 機嫌が悪くなるだけでした。

うちとまったく同じですね(><)

> 母たち世代の特徴なのでしょうか?
> (私もケチ美さんと同世代です)
> 物と愛情を一緒にしていますよね-。

一瞬、世代かなって思いましたが
でもusarinさんのお母さまは
潔く捨てるタイプって言ってました。
ただ、『ものを大事にしないで、今の子は』っていう人は多いでしょうね。。。
母の世代は。。

> かと言って、本当に欲しいものとか、必要なものをちゃんと聞かれたことってなくないですか?

ホントだ!!!!
そう言えば聞かれたことないです!!!!
ぜんぜん気づきませんでしたwwww

> 長くなってごめんなさい。

とんでもない(*^^*)
こうやって色々なお話を聞けて
ホント勉強になります。

> ケチ美さんのお部屋がきれいになっていくのを見ると私まで元気がでます。
> そして、私の片づけスイッチも入ります。

あっ、放置している場所がまだまだたくさんあります(汗)
そろそろ報告しなくちゃいけませんね(笑)
みなさんに喝を入れてもらわないと!
これからも、こんな自分と向き合いがんばります♪
ギブさんも断捨離がんばってくださいね(*^^*)

たらさんへ

たらさん、おはよう♪

> 親子の会話、第三者だから楽しいですねぇ。

おいおい、ニヤニヤして読んでたでしょwwww

> それにしても、あの急須めちゃくちゃ良いねぇ。ほしいよ。

お母さんに言ったら喜ぶよ♪
だけど、怖くてまだその話題には触れられないわwwwww

> けち美サンのお母さん、お宝たくさんありそうだから、いつでも譲ってねぇ~、
> けち美さんが要らなければ。。。な~んてね

私には使いこなせないものばかりよwwww
たらさんにもらってもらえれば、物も大事にしてくれるし
お母さんも物も喜ぶよ♪

マスカットさんへ

マスカットさん、おはようございます!

> 開けたことのないダンボールの
> 中から、お宝が沢山でてきましたね。

思い出の品はまったく手にとっていなくて
母が持たせたものだから、私の思い出の品だと思っていた・・・・・
母の思い出やら、捨てられないものが入っていました(笑)

> お母さんが理解してくれるまで、もう少し時間がかかりそうだけど、
> ケチ美さんが『不要な物を受け取らない』という意志は
> しっかり伝えることができたんじゃないかしら(#^.^#)

そうですね。
不機嫌にはさせちゃいましたが、私の気持ち・強い意志は伝わりましたよね。

> これからは、お母さんもきっと自分の不要なモノをケチ美さんに押し付けにくくなるんじゃないかな~。

そう願います(;人;)
あ~、でも、嫌味を言われそうだなwwwww

> 私の母も、同じようなところがあるから、徐々にシンプルな生活の心地よさを体験してもらいたいと
> 願っているのです(#^.^#)

やっぱり心地よさを体験しないとわからないですよね。
私もキレイなキッチン、何にもないテーブルで作業するのが
とても心地よいとわかり、キープもできるし
リセットもできています。
この前、母のお店の紙の横に7本もボールペンが出てたので
『いっぺんに7本使わないよね♪
2本で足りるんじゃない?他のは捨てずに下の入れ物にいれといたから』
って言ったら、ちょっと呆れてましたが
その後、2本でやっています。
あんまり口は出したくなかったんですが
従業員の方もいるので、ちょっと口を出しちゃいました。

> お互いに、励ましあいながら頑張ろうね♪

はい!!一緒にがんばりましょ!!!

rose*roseさんへ

rose*ちゃん、おはよう♪

> ウチも一緒!
> 勿体無い勿体無いってあれこれあれこれ・・・捨てられない人間です。

使えるけど、自分(母)は使わない。
だけどもったいなくて捨てらない母。
で、私にくるのよ~。。。

> そしてタダのものはジャンジャン貰ってくる・・・
> 父なんてガラクタ拾ってくる人・・・もうゴミ屋敷みたい(T、T)
> カナシイカナ私も少なからず遺伝子引き継いじゃってますwww

私もタダなの大好きだった!!!得した気分になるんだよね(笑)
お父さま、ガラクタを拾ってきちゃうのかwwww
きっと、『これはいい!』って思うのかもしれないけど
ごみ屋敷みたいってことは、使いきれてないんだよね。。
ああ、私もカナシイカナ遺伝子を引き継いでいて
ここで断たなきゃって思ってます!

> 『歳いってきたら、だんだんと捨てられなくなるんや』
> な~んて言い訳しちゃってネ・・・
>
> そして買いだめもするんだよ、ウチの母。
> ダメダメだよ><

うちの母も、くつを10足ぐらい買ってたよ!
『この靴は履きやすい。もう、こんな靴には出合えない』って言って。

> 言ってもね止めないの。
> 洗剤にティッシュに水に・・・・・・・
> 『ティッシュはさぁ~、虫がわくし埃っぽくて臭くなるから買いだめ止めた方がいいよ』
> とか言ってみたけど効果は出てるのかな・・;

洗剤・水、うちの母もそうだわ~。
ティッシュはそうか、虫がわきそう!!!
お母さまに、効果が出てきて欲しいね。。

> 買い物に出掛けられなくなったら私が行くよ!って言ってるのに、
> 限られた年金生活にも不安があるからなのも否めないからね~(T、T)

rose*ちゃん、やさしいな♪

> 長いこと断捨離しに行ってないけど実家はどうなってるんだか^^;
> 人の物はポイポイできるんだけど、本人の了解を得られないのが難関><

そうなの。やっぱり、娘とはいえ、ちゃんと親の了承が必要なのよ。
了承がないとポイポイできるけど、その了承をもらうのが一苦労なのよねwwww
親だけに、『く~~~~!なんで!』って思うしね。

> ちょっと実家に行きたくなってきたけど自分の事を優先しなきゃね^^;

そうだね♪
一緒に、まず我が家の断捨離をがんばらなきゃね(*^^*)

pirorasuさんへ

pirorasuさん、おはようございます!

私の芸術作品の怪獣がwwww
母は、要らないようです。当たり前か(笑)

> 母という存在はどこも同じ感じかも。私の母は、サックリ捨てるタイプなのですが、

おっ、pirorasuさんのお母さまはサックリ捨てるんですね。
usarinさんのお母さまもそうだって言ってました。
やっぱり世代ではないのかしら。

> へその緒を出してきて(夫、52歳ですよw)
> 義母「あんた、これ持ってくか?」
> 夫「え?だれの?」
> 義母「多分、おねえちゃんの。(夫のお姉さんのこと)」
> 夫「いらんわっ!!意味わからん・・・」

笑ってしまいました!!!
うん、意味がわからない(笑)
そうそう、昨日、ちょうどシアトルに住んでいるいとこと
へその緒の話になったんです。
アメリカは、捨てちゃうそうですよ。

> 持たせようと、あれもこれもといろいろ準備していたのだと思います。
> 夫の幼稚園時代の連絡帳とか送られてきたこともあったかな。

えへへ、私もちゃげのをとってあります。
で、最近思うんです。
ちゃげのもので、私がとっておいてるものは
はたして誰の思い出なのか?って。
連絡帳を見て『こんなに小さなかったな、こんな時もあったな』って思うのは私なんです。
きっと母もそういう思いで私のものをとっておいたかもしれないけど
結局は『私(母)は要らない。あなた(ケチ美)の思い出でしょ』って
私に持たせる。。
最近色々考えちゃいます。

> 私の母はたぶん何もとっておいてないと思います。
> 私の高校の卒業記念のマリア様の像もさっくり捨てた人ですw
> ひとことぐらい「実家に置いたままだけど、どうする?」とか聞いてくれてもよかったんじゃ・・・。

あはは。そうですね(*^^*)
しかしお母さま、サックリしてる!
うちの母に分けて欲しいわwwww

お母さんの持ち物

ケチミちゃん
おはよう~♪
実は気分はあまり晴れやかではなく・・・
でも、こうしてケチミちゃんの元気なブログを見ると、
「シャーッ!」と、むやみに声を上げます(笑)

お母さんの捨てられない主義。

ブログで何回か書いているんですが、
「捨てましょう」と説得するって大変なんです。
だって、もっていないと不安なんだもん!
靴下がたくさんないと不安!
ナベがたくさんないと不安!
タオルがたくさんないと不安!

ということは、たくさんあれば安心♪
これは、これでいいのです。
だって、安心なんだも~ん。
お母さんには思う存分持っていていただきましょう。
もし、お母さんの物たちを整理するときが来たら、
親孝行の締めくくり!と思って始末してあげましょう。

お年寄りほど、物が捨てられない。
「もったいない」
その気持ちに悪気はないんですからね。
いつか処分する日が来るんですが、お手伝いしましょう。
私の母も捨てられない人でした。
蔵にガラクタが満載!ハハハッ!
妹とワイワイやった片付けはいい思い出です。

年を取ると、寂しくなるんです。
不安になります。
広々とした空間が寒々しく感じる。
物がいろいろ並んでいると、少し安心♪

時々、そばに行ってあげて、もっと安心させてあげるといいかもね♪

マキマキさんへ

マキマキさん、おはようございます!!

> 実は気分はあまり晴れやかではなく・・・
> でも、こうしてケチミちゃんの元気なブログを見ると、
> 「シャーッ!」と、むやみに声を上げます(笑)

いつも元気なマキマキさん。。
いつもパワフルなマキマキさんがそうだと心配です。
ブログの更新もないし、大丈夫かな。。l
そういう中、私のブログにコメントをくれてありがとうございます。
そんな中来てくれたんだもん。
私も『よし!!!がんばらなきゃ!!!』って思っちゃった!!!
ちなみに、『よし』は何かよろうとしたり頑張ろうとする時の口癖です。

> お母さんの捨てられない主義。
> ブログで何回か書いているんですが、
> 「捨てましょう」と説得するって大変なんです。

そうだった。。
それに、自分もず~~~~っと捨てることができなかった。。
そして2年かけて捨てられるようになったことを
思い出しました。

> お母さんには思う存分持っていていただきましょう。
> もし、お母さんの物たちを整理するときが来たら、
> 親孝行の締めくくり!と思って始末してあげましょう。

私、売り言葉に買い言葉とは言え
母に、『全部捨てていいって言われても、捨てるほうはつらいんだよ』って
言ってしまったのは、間違っていたと思いました。
だって、母の家、母がそろえたもの、母が残そうと思っているもの
色んなものをひっくるめてそれが母の人生だから。
それで楽しく安心して暮らせているのでは、それでいいんじゃないかって。
えへへ、ただ、私の母だけあって、色々探し物が多いんです。
なので、過ごしやすいようにはしてあげたいなって子供しては思うので
母にはその気持ちは言ってみます。

> お年寄りほど、物が捨てられない。
> 「もったいない」
> その気持ちに悪気はないんですからね。
> いつか処分する日が来るんですが、お手伝いしましょう。

そうですね。
うちの祖母も『これ持っていくかい?』って台ぶきんとかをくれるんです。。
自分ではそんなに使わないのに大量に買ってきて。。
悪気はない。。

> 年を取ると、寂しくなるんです。
> 不安になります。
> 広々とした空間が寒々しく感じる。
> 物がいろいろ並んでいると、少し安心♪
> 時々、そばに行ってあげて、もっと安心させてあげるといいかもね♪

マキマキさん、ありがとうございます。
実は、母とギクシャクしてたんです。。
母にモヤモヤしてたんです。。
なんだろう、『どうして』って思うことがあって。。
で、そんな時に自分が要らないものを私に渡していたことも気にさわり
自分の意見を押し付けた感じになってしまいました。
そして、ずっと母に対して不機嫌でした。
でも、マキマキさんのコメントを読んで
なんか吹っ切れたんです。
マキマキさんは、いつも私が道にそれそうになると
修正してくれる。ありがとうございます。

『ワッハッハッ親孝行の締めくくり!楽しく始末してあげようではないか!!!』

今日から母にやさしくなれそうです(*^^*)
本当にありがとうwwwww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mayuppe.blog40.fc2.com/tb.php/963-e882d329

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

アンケート♪

 

楽天

 

オススメの商品です☆

 

カウンター

 

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
 

夢を叶えるための名言集

presented by 地球の名言

 

リンク

 

おススメの本

 

ブログ内検索

 

フリーエリア

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。